骨粗鬆症は早めに治療【骨密度高めて骨折知らずの素敵なカラダ】

病院

脳血管での異常の対処例

主な対処方法

悩み

医療の研究が進んだとされる現代でも、依然として対処が難しいとされる病気がいくつか挙げられます。脳の内部にできた異常も対処が難しいタイプの例に挙げられており、その中でも治療が難しいとされるのが脳動脈瘤です。脳動脈瘤とは脳の内部を通る動脈の壁で元々弱い部分が血圧などによって膨らみ、こぶの様な形状となった状態を指しています。この脳動脈瘤が破裂する様な事態となるとクモ膜下出血となり、命や後遺症に関わる重たい状態となります。現在では対処法として、こぶの付け根部分を無害な金属製クリップで挟み込み、こぶの破裂を阻止するクリッピング型が主となっています。しかしこの方法は、頭の切開が必要となり、合併症の確率があるという難点も挙げられます。そこで近年では、身体の別の個所からコイルを血管内に通し、患部まで通してから栓をするコイル塞栓型の精度を上げようとする動きが行われているとされます。

予防のための一般的方法

脳動脈瘤はできていた場合でも一定のサイズ以下であれば自覚症状が少ない上に、脳血管の強度によって発症確率に個人差があり、完全な予防が難しいとされる点も厄介な所となっています。ただし脳動脈瘤が実際に破裂してしまうか否かは、脳血管に関わる要素によって異なるともされます。具体的には年齢による脳血管の衰えや、高血圧・糖尿病などによる血管の脆さを促進する疾病、喫煙・飲酒やストレスなどの生活習慣が挙げられます。診断ではこれらの要素に脳動脈瘤の実際のサイズを加味して、直近での破裂の確率がどの程度かを推察されます。そして場合によっては、様子見で再度診断を行うケースもあるとされます。破裂という事態の予防のためには各要素においてできる限り血管を硬く・脆くさせない様にする対策が最善だとされています。それにより、仮に脳動脈瘤ができていたとしても、こぶを小さい状態で留めていたり、こぶを膨らませる圧力を高めたりしない様にする事が重要だとされます。

Copyright©2015 骨粗鬆症は早めに治療【骨密度高めて骨折知らずの素敵なカラダ】 All Rights Reserved.