たくさんの子どもたちと触れ合う職に就くなら大学で学び保育士になる

たくさんの子どもたちと触れ合う職に就くなら大学で学び保育士になる

男女

保育士になるために必要な資格

保育士になるには、国家資格である「保育士」の資格が必要です。保育士の資格を取るには2通りの方法があり、大学・専門学校で保育士課程を修了するか、保育士試験を突破することで取得できます。後者は、課程が異なる大学を卒業した人や一定以上の保育経験を持っている人など多くの社会人が受験することができます。とはいっても合格率は10%前後と言われており、確実に保育士資格を取りたいのならば、保育士過程を修了する方が良いでしょう。

保育士になるメリット

保育士になるメリットとして一番目に挙げられるのは、多くの子供と触れ合えることです。毎日お世話することで子供の成長を見ることができ、その様子から、自分が子供に影響を与えたことを実感することができます。また、保育士の資格があれば、保育園以外に託児所やベビーシッターなどで働くことができます。現在、共働き家庭が多くなっていることから、そのような施設の需要が増えており、保育園よりも給与が高いことで知られています。

「保育士」と 「幼稚園教諭二種免許状」の違い

国家資格と免許

保育士は国家資格であり、一度取得すると基本的に一生使用することができます。しかし、幼稚園教諭二種免許は「免許」であるため、十年で免許の効力が失効します。そのため、その度に更新が必要になります。

保育士と幼稚園教諭における仕事の違い

保育士は「家庭の代わりに子供を預かること」が仕事ですが、幼稚園教諭は「就学前の子供に教育を行うこと」が仕事です。そのため、幼稚園教諭の仕事は子供と触れ合うことよりもその子供に教育するための教材を準備したり、カリキュラムを策定したりと多岐に渡ります。

広告募集中