骨粗鬆症は早めに治療【骨密度高めて骨折知らずの素敵なカラダ】

病院

骨のがん

骨の悪性腫瘍

悩み

骨肉腫は骨にできる悪性腫瘍の事で、いわゆる「骨のがん」です。臓器にできる通常のがんとの違いは、腫瘍細胞が骨組織を作る事です。骨肉腫の最大の特徴は発症年齢が低い事が上げられます。骨肉腫を発症者した人間の半数以上が十代で、二十五歳までになると全体の三分の二に達します。その殆どは活発に運動を行う青年期に発症しますが、五十代から六十代の発症事例もあります。また女性よりも男性の方が骨肉腫の発症者が多いです。発症確率は百万人に一人から二人で、毎年二百人程度の新しい患者を生み出しています。発症原因は不明ですが、遺伝子異常の可能性が指摘されています。家族観で遺伝するケースは報告されていますが、少数にとどまっています。

詳細と治療

骨肉腫を発症する部位は膝関節周辺です。次いで肩関節周辺に多くの発症例があります。この二つの部位で全体の八割を占めています。骨肉腫も他のがん同様に放置すれば多臓器に転移する可能性があります。最も転移する可能性の高い臓器は肺です。初期症状を運動時の筋肉痛や関節痛と誤認しやすい傾向があり、早期に治療できない場合があります。八十年代頃までは骨肉腫の箇所を迅速に切断する事で他の臓器への転移を防いでいましたが、それでも肺への転移を許してしまう場合が多く、五年生存率は二割を下回っていました。しかし、現在では最適な化学療法が確立されており、現在では七割以上の生存を可能にしています。また切断方法も足や腕の一部機能を残して切断する手術法に編み出し、運動機能の低下を抑えています。

Copyright©2015 骨粗鬆症は早めに治療【骨密度高めて骨折知らずの素敵なカラダ】 All Rights Reserved.