骨粗鬆症は早めに治療【骨密度高めて骨折知らずの素敵なカラダ】

病院

骨が弱くなる病気

様々な骨粗鬆症の治療があります。自分に適した治療を選択することで、効率よく症状の改善を行っていくことが出来ます。

頭痛が続いて苦しいという時は世田谷区の内科であるこちらを訪れてみましょう。頭痛の原因がどのようなものなのか詳しく調べてくれます。

ささいなことで骨折も

先生

骨粗鬆症とは、骨の内部に空洞ができて強度が弱まり、骨の変形や骨折などが起こりやすくなる症状のことをいいます。骨は体内の他の組織と同じように、新陳代謝を行っています。自ら吸収と生成を繰り返すことで、日々新しい組織に生まれ変わっています。しかしさまざまな要因で生成が吸収に追いつかなくなってくると骨密度が低下し、もろくなっていきます。これが骨粗鬆症です。骨粗鬆症になると、くしゃみをしたりごく低い段差を飛び越えたりといった日常的な動作を行っただけでも骨折してしまうことがあります。骨粗鬆症は多くの場合加齢によって起こります。特に女性に発症例が多く、60歳代では約5割、70歳代では約7割の女性が骨粗鬆症にかかっていると言われています。

原因は加齢や食生活

骨粗鬆症は加齢以外の要因でも起こります。最も多いのは栄養バランスの偏りです。カルシウムなど骨の形成に重要な役割を果たす栄養素が不足すると発症しやすくなります。また、タバコに含まれるニコチンが骨形成に悪影響を及ぼすという報告もあります。骨粗鬆症の治療は、薬物の投与が中心となります。カルシウム製剤のほか、カルシウムの吸収を促進するビタミンD製剤などが治療薬として用いられます。また女性に対しては閉経後のホルモンバランスの変化によって骨密度が大きく低下するのが分かっていることから、女性ホルモンであるエストロゲンが人気の治療薬となっています。さらに最近では骨形成促進薬と呼ばれる皮下注射型の治療薬も開発されています。

脳の手術は非常に高い技術が必要です。世界的にも技術が評価されている医師がいるこちらで聴神経腫瘍を治療しましょう。

治療方針を丁寧に説明してくれる新宿の内科なら、健康に不安がある方にも最適です。安心して受診すると良いでしょう。

体が不自由な家族がいるなら世田谷区で在宅医療を利用しましょう。医師が直接自宅まで診察に来るので、通院の手間が省けます。

効果のある運動

先生

骨粗鬆症は、自覚症状が無くても、前もって予防を心がけることが、大切な疾患です。とくに運動をすると、骨がストレスを感知して、骨芽細胞の産生を促進させます。したがって、積極的に運動をすることは、骨粗鬆症の予防をするために、とても効果があります。

詳細を確認する

骨のがん

悩み

骨肉腫は骨にできる悪性腫瘍です。通常のがんとは異なり、悪性腫瘍自体が骨組織を作り出す事が特徴です。発症者の多くが運動を盛んに行う十代で、全体の半数を占めます。骨肉腫の治療は、該当部位の切除手術と化学療法の二種類を軸に行います。

詳細を確認する

脳血管での異常の対処例

悩み

脳動脈瘤は本人の体質によって発症する確率が左右され、対処が難しい厄介な面を持つ。主な治療としてはクリッピング型が挙げられるが、近年ではコイルを使ってこぶに栓をして破裂を阻止する治療法への取り組みも進められている。脳動脈瘤はできていたとしても、破裂予防のために生活習慣を見直す事が重要だとされる。

詳細を確認する

Copyright©2015 骨粗鬆症は早めに治療【骨密度高めて骨折知らずの素敵なカラダ】 All Rights Reserved.